ふじみ野市上福岡で審美歯科治療が受けられる歯医者

成城歯科医院

0492787788

[受付時間]9:30~19:30 (土曜~18:00)
[休診日]日/祝日

成城歯科医院

審美歯科

審美歯科とは?

image

受付業務や、販売業務を行なわれている方、結婚式や成人式を控えている方、面接やお見合いの予定がある方など、大事なシーンで歯を見せられず、不自然な笑顔や常に口元に手をかざしてお話される場面をよく見ます。 治療したあとが不自然な色に変わってしまったり、もともと黄色身がかった歯が生えてきたり、歯並びが悪い、歯の形が気に入らない等、理由は様々あると思います。今、自信を持って話せる・笑える・見せられるお口にしてみませんか? 当クリニックでは、ご期待に添えるよう様々な解決法を準備しております。

患者様によって希望や事情は様々ですので、ご相談いただいた内容によって処置方法を検討します。矯正をしないと歯並びが改善しないとお考えの患者様は、ぜひご相談ください。

歯を白くしたい

ホワイトニング

歯の着色とホワイトニング

歯の着色はいくつかの原因が考えられますが、一番の原因は、日常の飲食にあります。赤ワイン・コーヒー・紅茶・カレー、焼きそばなど色の濃い物が着色になります。その他、喫煙、加齢や遺伝等による着色が考えられます。

ホワイトニングの種類

当院のホワイトニングは
①オフィスホワイトニング ②ホームホワイトニング ③デュアルホワイトニング
の3種類から選択することができます。

①オフィスホワイトニング

当院のオフィスホワイトニングは、ポーラスという高性能光照射器を使用するビヨンドホワイトニングです。一気に自然な白い歯にしてしまいます。オフィスホワイトニングは1 回の効果が高く、短時間で負担なくホワイトニングができます。

→ オフィスホワイトニングは忙しい方や、この日までに白くしたいという方にお勧めです。

②ホームホワイトニング

当院のホームホワイトニングはオパールエッセンスを採用していてマイルドながら自然な白い歯になります。
過酸化尿素を使用し、過酸化尿素を専用のマウスピースに入れ、歯に装着します。マウスピースを使って自分のペースでやりたい時に家でやりたい方に向いています。ホームホワイトニングは一定時間装着し、効果がでるまでには期間がかかりますが、オフィスホワイトニングに比べ白さを維持します。

→ 期間がかかりますが、好きな時間に行うことができるので続けての来院が難しい方にお勧めです。

③デュアルホワイトニング

オフィスホワイトングしながら家ではホームホワイトニングもしてしまうという欲張りなホワイトニング方法です。欲張りなあなたに。ホワイトニング効果を長く維持するために有効なブラッシングペースト等のご紹介もしております。

歯の着色とホワイトニング

次の条件に当てはまる方はホワイトニング治療をお受けすることができません。

  • 妊娠中の方
  • 授乳中の方
  • 無カタラーゼ症の方
  • 口腔内外にトラブルがある方(事前に医師にご相談ください。)
ホワイトニングの症例
  • image

    施術前

  • arrowarrow
  • image

    施術後

ホワイトニングする前に施されていたCRは、施術後に周囲の歯質が白くなったことにより相対的に目立つようになったため、充填し直す必要が出てきました。

ポーセレンラミネートベニヤ修復

ポーセレンラミネートベニヤ修復法は歯髄(歯の神経)保護を第一に考えて歯質の削除量を最小限にとどめ、色調や歯列の審美的改善を目的とする治療方法です。歯の表面を削合し、そこに適合する修復物(ポーセレンラミネートベニヤ)を作成し、接着して修復することによって歯の色や形態、歯列を審美的に修復する方法です。

特徴
  1. 歯質の削除を可及的にエナメル質内にとどめる。削る量極めて少ない。
  2. かみ合わせを変化させない。
  3. 金属を使用しないため、色調表現が良好で歯肉への影響も少ない。
ラミネートベニヤ修復法でできること
  1. ホワイトニングに反応しない変色歯の色調改善
  2. 歯の形態修正(形態の良くない歯・歯間離開(すきっ歯)・歯の長さの変更等)
  3. 歯列の修正(矯正治療に要する時間、費用、治療期間中の不便さを避けたい場合)
  4. 広範囲にわたる修復(歯冠破折、広範囲にわたるエナメル質の喪失、欠損の修復)
治療方法
  1. 診査診断
  2. 麻酔・歯の形態修正
  3. 型取り、仮詰め
  4. 約1週間後に作成したラミネートベニヤの装着
よくある質問

患者様からよく「保険で前歯を白くすることはできますか?」とのご質問を受けます。答えは「イエス」です。こちらで紹介しているポーセレンラミネートベニアは自費治療となりますが、他の場合で前歯を保険適用の材料で白くすることは可能です。

しかし、保険と自費治療との違いはズバリ材料なのです。

一番簡単な例えでお話すると、プラスチックのお皿でカレーを繰り返し食べる場合と、陶器のお皿でカレーを繰り返し食べる場合を想像してみて下さい。プラスチック製のお皿だと次第にカレーの色が付いて黄ばんできますが、陶器のお皿ではそういったことは起こりません。歯科の材料でも同じことが言えるのです。

長く綺麗な状態で歯を保ちたいというご希望の場合ですと、やはり自費治療の材料を使われるのが理想的と言えるでしょう。
どちらの材料を選択されても、全力で治療に当たらせていただくことには、もちろん変わりはありません。

分かりにくいかも知れませんが、この患者さんは前歯の先の白濁した部分が気になっておられました。しかしポーセレンラミネートベニア修復によって、自然な白い前歯に治すことができました。

  • image

    施術前

  • arrowarrow
  • image

    施術後

インターナルブリーチ

歯の神経が死んでしまっている場合のホワイトニングです。歯の神経が死んでしまっていると、だんだん歯が黒ずんできます。この場合は、普通のホワイトニングでは白くなりません。

まず、神経治療を行います。その後、歯の内側に穴を開け、専用の漂白剤を注入することで歯の色を改善させます。

初診時
image

歯の変色が気になって来院しました。診査の結果、歯の神経が壊死していることがわかり、歯の中のお掃除をして歯の根の治療をしました。その後歯の内部にホワイトニングのお薬を入れました。

1週間後
image

歯の変色は隣の未処置の歯と同じ位に。真ん中の虫歯が目立つようになりました。

※ホワイトニングの期間はその歯によって差が出ます。元の歯の色と同じくらいになることを目指します。

治療終了時
image

真ん中の虫歯の部分を削って、コンポジットレジンという樹脂をつめました。色や形態を歯に合わせて修復します。

歯並びを直したい

「長年気になっていた歯並びを治したい。」「1本だけ内側に入った歯を治したい。」「受け口を治したい。」「前歯の位置が悪くて口が閉じにくい。」など、歯並びによって気になる内容も様々です。

歯並びを気にして来院される患者様には、矯正歯科治療の必要性を検討し、いくつかの方法を提示させていただきます。多くの方は見栄えを気にして来院されるため、矯正装置の目立ち具合や装着期間も気になるようです。昔の矯正装置といえば前歯でも金属バンドを巻き、遠目に見ても矯正治療中とわかったものですが、最近の装置は透明なものや白いものが多く、目立たなくなりました。矯正装置があるといじめられる時代でもなくなり、むしろ歯をちゃんと考えているということで、羨ましがられるとのお言葉も頂戴します。

問題はその期間で、歯の移動には20歳前後で月に1mm 程度の移動量が限度です。全体で何mm 動かすかで治療期間は決まるため、歯並びによってまちまち。しかし、歯並びを変えるには矯正治療がベストであるため、気になさっている方はご相談ください。

歯並びを治したいが時間が無い。仕事についていて矯正装置が見えるのは困る。そのような意見の患者様もいらっしゃいます。矯正治療ではなく、何とか早急に歯並びを改善したいという患者様には他の方法もあります。

以前、八重歯がチャームポイントだったアイドルが、急に普通の歯並びになったりしますが、どうなっているのでしょう。答えは簡単で、全体の歯を正常な歯並びになるように人工的にリメイクする方法です。テレビの美容番組でのビフォア・アフターでも同じ方法を行っていますが、これは正常な位置から脱してしまっている歯を削り、前歯から奥歯まですべて同じ材質のもので修復する方法です。この方法であれば治療は短期間で完了し、治療期間中も仮歯が入るため人目にも目立ちません。

歯科矯正について詳しくはこちら

銀歯を白くしたい

現在入っている銀歯が気になるという方は、セラミックやメタルボンド、ハイブリッドインレーなどを入れ直すという方法がございます。

  • image

    施術前

  • arrowarrow
  • image

    施術後

金属アレルギーについて

金属アレルギーは金属がイオン化して溶け出し、体内のたんぱく質と結合し、アレルゲンとなることで生じます。コバルト(Co)、パラジウム(Pd)、クロム(Cr)などの金属が問題となります。アレルギーを起こしにくい金属として一般的に金、プラチナなどが挙げられますが、金などでもアレルギーを発症するケースがあります。

金属アレルギーの症例
  • image
  • image
  • image
  • image

こちらの方は、金属アレルギーが原因で従関嚢胞章を発症した例です。歯科金属が原因のアレルギーの場合、皮膚科や内科に行っても原因が分からず、何年も苦しむ患者様が多くいらっしゃいます。もし歯科金属を入れている方でアレルギーのような症状があらわれたら、すぐに歯科医にご相談ください。


すきっ歯を治したい

ラミネートベニヤにより修復が可能です。

ラミネートベニヤについてはこちら

歯ぐきをピンク色にしたい

歯ぐきの黒ずみが気になる方は、レーザーによる歯肉漂泊で改善が可能です。


ページトップへ戻る